ステディラック
複数台設置時の
スペーシングガイド

ステディラック複数台や施設へのお取り付けガイド

ご自宅、または施設などへ複数台お取り付け時のスペーシングガイドです。

このガイド寸法はほとんどすべての自転車の種類とサイズに対応することができます。ですがご自宅でのご使用でお取り付け頂く自転車が決まっている場合は、自転車ごとに高さを測り、お取り付け頂くと最適なご利用が可能です。

個々の取り付けに際してはお取り付け方法の案内ページをご覧ください。


幅350mmでのお取り付け

 

最も省スペースでありながら使い勝手を損なわないお取り付け方法です。

350mmの間隔では自転車のハンドルとペダルは隣の自転車と重なってしまいます。しかしステディラックは取り付け軸が回転するため、両側の自転車を回転させて、隣の自転車にぶつけたりすることなく、取り付け、取り外しをするスペースを作ることが可能です。
通常の自転車壁掛けフックではさらに多くのスペースを必要とします。

 


幅600mmでお取り付け

 

ラックの高さを揃えたい場合は最適な間隔として600mmを推奨します。この間隔でお取り付け頂くと自転車のハンドルバーが重なりません。間隔に余裕を持った積み下ろしが可能になります。

 

取り付け高さについて

自転車をラックに取り付ける際、自転車のリアタイヤが床に近いほど、自転車の積み降ろしが容易になります。

これらのガイドに記載されている取り付け高さは、多くの施設への設置実績があり、一般的にロングホイールベースの自転車にも対応できることが証明されています。ロードバイクや小型軽量の自転車は、これらの推奨高さよりも100mm低くお取り付けすることができます。

大規模な設置場所を設計されている場合は、小さい自転車用と大きい自転車用に別々に用意することも可能です。詳細については弊社までお問い合わせください。

適切な高さでのお取り付け

自転車がラックにぶら下がっている状態で、後輪が床に近く、しかし接触していない状態が完璧な取り付け高さになります。この高さですと取り付け時は持ち上げずに取り付けが可能で、回転軸を回すこともできます。

自転車は車種によって大きさや長さが異なります。図の推奨取り付け高さは、ホイールベースの短いバイクと長いバイクの両方に対応していますが、お取り付け頂く自転車が決まっている場合は、最大限の機能性と使いやすさを実現できるよう、お取り付け高さを測ってお取り付け頂くことをお勧めします。

疑問点がありましたらは弊社までお問い合わせください。

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Thank you!

x