ステディラック
自転車の設置方法

ステディラックは自転車の取り付けがとっても楽です

通常の壁掛け自転車フックは一度持ち上げてフックにひっかける必要があり、力が必要で取り付ける際に壁にぶつけて汚したり、他の自転車にぶつけてしまうことがありました。

ステディラックは実は元々は創業者デヴィット・ステッドマンが家族のために製作したのが始まりでした。ガレージで数台の自転車が大きなスペースを取っており、整理しようと壁掛けフックでの自転車収納を考えましたが、それは彼の妻や子供にとっては、自転車を一度持ち上げる必要があり、扱いが難しいものでした。

 

 

そこで彼は、家族が力を使わずに取り付けが可能なラック、場所を取らない保管が可能なラックを求めて試作を開始しました。最初の試作から現在のステディラックに至るまでは約5年の歳月を要しました。

ステディラックが誰にとっても扱いやすく、しかも省スペースでの保管が可能なのはこのためです。

ラックへの取り付けは自転車を縦向きにして押し込むだけです。すると、前輪が回り、自然とラックへ自転車が収まります。自転車を持ち上げることなく、ラックへの取り付けが可能です。

快適な道具

自転車に乗る際に出し入れが億劫だったり、めんどくさいと感じることはありますか?

かんたんに取り出し、かんたんに収納する。

ステディラックは機能的でデザインが優れているだけでなく、自転車をもっと気軽に楽しむことを提供します。

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Thank you!

x